●リハビリ特化型デイサービス大分のリハビリ専門デイサービス 「未来へ」

ページタイトル

未来へとは

リハビリ専門のデイサービスです

未来へ外観イメージ

理学療法士による個別リハビリを中心とした3時間程度のサービスです。

●未来への目標

  • ・「動いてもらう」→「動きたい」へ

●トレーニング、リハビリプログラムについて

  • ・リハビリの専門家が、本日の皆さまの体に合わせた1対1のプログラムを提供いたします
  • ・体力が低い方、体を動かすことに抵抗がある方でも、安心、安全に行なえるトレーニングマシン
  • ・定期的な評価と体の変化が客観的に目で見てわかるシステムで皆さまにご説明いたします

●施設コンセプト

リハビリを通して、一人でも多くの方に笑顔を届け、動ける心と体で明るい未来をつくる

●未来への想い

  「生涯自立の方を一人でも多く」をモットーに、ここがあってよかった。この人たちに会えてよかった。自分で歩けるようにがんばろう。などの明日の未来へ向かい、皆さまのここからが今までになかった喜びでいっぱいになるよう、心をこめたリハビリと心をこめたサービスの提供に努めてまいります。
私たちは、皆様に元気を与え、皆様から元気をもらい、皆様に笑顔を与え、皆様から笑顔をもらう。
そんな温かい場を一緒につくりあげていきたいと考えております。皆様が歩んでこられた道を尊重し、人生の先輩として学び、寄り添わせていただきます。世の中の一人でも多くの方が、あきらめず、楽しい未来でいっぱいになるよう願いも込めてこのネームングにしました。

どのような施設?

感性に響く上質のサービス、上質の空間

リハビリ専門のデイサービスですが、リハビリは皆様のお手伝いをする手段にしかすぎないと考えております。もちろん、理学療法士、看護師、トレーナーといった専門知識を駆使し、リハビリのプログラムも個々に合わせ、段階的に最高のプログラムの提供をおこないます。しかし、リハビリの専門性だけに捉われてしまうのではなく、皆様一人一人を思う心を最も大切にし、スタッフ、利用者様の笑顔が溢れかえる温かいサービスを徹底します。

●施設説明

「リハビリデイサービス未来へ」は、年を重ねた先輩方や体に障害を抱えた方々の身体機能の回復と、未来へ向かう意欲の獲得を大きな目標とした場です。「してもらう」施設ではなく「できる体をつくる」を目指し、リハビリに特化した未来型のデイサービスです。

施設イメージ画像

●デザイン性と機能性

短時間だからこそ、温かく、明るく、気持ちがいい中で体を動かしていただきたいという想いで施設づくりをおこなっております。高いデザイン性と木の香り漂う開放感あふれる施設は、ここ大分で新しい価値を加えたサービスを提供したい私どもの強い想いの現われでもあります。

デザイン性と機能性イメージ

半日の流れ

「未来へ」で楽しむリハビリライフ

お迎えイメージ 右やじるし 健康チェックイメージ

1.お迎え

スタッフが自宅までお迎えに上がります

斜め左下やじるし

2.健康チェック

血圧・体温・バイタルチェックを行います

リハビリプログラムイメージ 右やじるし 健康チェックイメージ

3.リハビリプログラム

お体の調子に合わせ、個別、集団でのリハビリ、日常動作訓練等を行います

斜め左下やじるし

4.健康チェック

リハビリ後のアフターケア

お茶タイムイメージ 右やじるし お送りイメージ    

5.お茶タイム

憩いのひととき

6.お送り

スタッフがご自宅までお送りいたします

   

施設のこだわり

「未来へ」は、ここが違う

point01 安心

スタッフは理学療法士、看護師、トレーナーです。
それぞれの専門職がチームとなり、最高のリハビリを提供させていただきます。

施設イメージ

point02 目標

徹底したカウンセリングを行ない、疾患や日常生活動作に合わせ。利用者さまとスタッフが同じ目標に向かって取り組みます。

施設イメージ

point03 空間

こだわりの空間で、リハビリ、マッサージ、リラクゼーションなどそれぞれの雰囲気を楽しんでいただきます。

施設イメージ

スタッフ紹介

「未来へ」を支えるスタッフ

施設長
利光 洋介
利光 洋介画像
チーフ・理学療法士
浅井 智典
浅井智典画像
生活相談員(介護支援専門員)
伊串 理絵
伊串 理絵画像
トレーナー
福嶋 博之
福嶋 博之画像
正看護師
立水 ゆかり
立水 ゆかり画像
看護師
阿部 マユ子
阿部 マユ子画像
介護職員
新田 しのぶ
新田 しのぶ画像
トレーナー
藤村 忍
藤村 忍画像
介護保険事業所番号 4470108137
totop